1. 組合沿革

組合沿革

昭和27年10月13日 協同組合 岐阜リンクストアーを設立。
昭和38年8月1日 傍系株式会社 岐阜信販(旧岐阜県信用販売株式会社)を設立し、消費者金融事業、不動産事業を開始。
昭和45年4月20日 組合事務所を現在地に移転。
昭和56年3月27日 新組合ビルを新築。
昭和59年2月12日 名称を協同組合 エヌシーリンクストアーに変更。
平成6年5月1日 日商連共同オンラインセンター「NEO-NET21」を構築。
平成7年12月19日 ACOS通信エミュレーター「BE52Win」による独自の総合情報処理システムを導入。
平成8年11月18日 岐阜信用金庫との提携により、同金庫ATMにおけるNCカードキャッシングサービスを開始。
平成11年2月12日 名称を協同組合エヌシーリンクに変更。
平成11年7月1日 三井住友カード株式会社と提携し、NC-VISAカードを発行。
平成13年11月1日 NPOギフサポートカードを発行。
平成14年7月16日 大垣共立銀行との提携により、同行のATMにおけるNCカードキャッシングサービスを開始。
平成16年8月31日 ふるさと福祉村カードを発行。
平成20年3月16日 総合クレジットシステムCRETOSを導入。
平成21年3月12日 岐阜聖徳学園大学G’sProjectと連携しインターネットショッピングモール「ぎふ楽市楽座」を開設。
平成26年12月16日 ハローズVISAカードを発行
平成26年12月19日 ルミエール華月殿VISAカードを発行